受験成功以外にも成功体験身につけないと人間終わるよ

私は試験勉強が得意だ。その歴史は中学生の時に遡る。お母さんの熱心な教育の成果なのか、私の真面目な気性のおかげなのかは分からないけど、なぜか私は「テストはいい成績を取らなければいけない」という意識がとても強かった。私は大変な田舎で育ったため、自称「進学校」というその地域の一番頭のいい高校は偏差値40台、知り合いの大人で大学に行った人は父親以外いなかった。周りの大人達のように、大学になんて行く必要がないと思っていた。そんな環境でなぜ「テスト勉強をものすごく頑張れる」性格になったのかは未だに分からない。もしかしたらだけど、私の天邪鬼というか、ひん曲がった根性がそうさせたのかもしれない。私は子供のころゲームやテレビ視聴を禁止されていて、友達との会話についていけなかった。いじめられることはなかったけれど、常に疎外感を感じていた。私は友達への「羨ましさ」を「軽蔑」という別の感情に置き換えることにより、疎外感をないものにしようとしていた。私はこの子達の輪には入れないけれど、その代わり、こんな子達にテストだけでは負けない。私なりのプライドがあったことは確かだ。

 

私はテスト前になると取り憑かれたように勉強をした。テスト前になると日常生活の時間さえもったいなくて、食事をエナジードリンクで済ませたり、お風呂に入らなくなった。一日二時間しか睡眠を取らない生活も一週間ほど続けた。体が限界だったのか、いい成績を取りたいというプレッシャーからか分からないけれど、テスト本番の日になるとお腹が痛くて仕方がなくなり、トイレを往復しながら保健室でテストを受けることもよくあった。

 

けれど私が勉強するのはテスト前だけだった。テスト前に猛烈に勉強して体調を崩すなら、毎日コツコツと30分でも一時間でも勉強すれば良い。子供なりにも分かっていたことだとは思うのだが、私はどうしてもそれが出来なかった。テストが目の前にないと、勉強するモチベーションがとことんなくなった。私にとっての勉強の意味は、「点数」を取ることだった。しかし、私のこの勉強の仕方は日本の義務教育にうまく対応していた。テストの点数が良い私は優等生だったし、高校受験、大学受験も点数の付くテストだから頑張れた。自分で言うのは気後れするが、一流の大学にも行けた。私はこの段階までは紛れもなく成功者であっただろう。

 

しかしこの付け焼刃のような勉強が通じるのはここまでだった。

 

大学に入学し、私は劣等生に変わった。自分でやりたいことを見つけ、世の中に対して抱える疑問を自分で調査していくという大学での勉学に私は対処できなかった。熱意に溢れ、何かしらに問題意識を持ち、地頭も良く、自分で思考出来る周りの優秀な学生には太刀打ちできなかった。考える能力がなく、のらりくらりと適当に過ごすしかできなかった私は、「大学生活において何も成し遂げられていないよね」なんてあからさまに先輩に言われたりした。

 

最近、弊害がもう一つ見つかった。趣味が身に付かないのだ。趣味の学び方が分からない。私はもともと趣味がない人間なのだが、社会人になってから、何か気晴らしが必要だと意識的にカメラを始めてみた。旅行が好きで、カメラはそれと切っても切り離せない関係な気がしていたし、綺麗な写真が撮れたら嬉しいだろうと思った。カメラを買って、なんとなく撮ってみる。思い描いていたような絵が撮れない。初心者だし当たり前だと思っていたので、特に気落ちもせず、勉強しようと思った。しかし、どうやって勉強すれば良いのだろう。情けないことに、分からなかった。とにかく、googleを開いて、「カメラ 初心者 撮り方」と検索してみる。無数にサイトが出てくる。クリエイティブ系の企業が綴るコラムだったり、カメラ女子のおしゃれなホームページだったり、カメラ歴何十年のおじさんの書くブログ記事だったり。私はこの中からどうやって腕を上達させるための情報を選定しなければいけないんだろう。軽い絶望が胸に落ちた後、それよりも軽く諦めの思考が降りてきた。

 

私は受験勉強は得意だけど頭が悪い。マニュアルは好きだけど、自分で考えることは嫌い。受験ってなんだったんだろう。頭のいい人が集まる大学に行って、このような優秀な人が世の中を作っているのだと知れたこと、学ぶことや遊ぶことに本気になっている人がこんなにも魅力的だと知れたこと、何に対しても自信を持っている人がこんなにもかっこいいのだと知れたこと、生き生きとしている人と一緒にいるとこんなにもエネルギーを感じると知れたことは、私の人生において自慢の経験となった。

 

けれど、それだけだった。結局、受験勉強しかできない私はこの人達と同じような一流の会社には行けなかった。給料はみんなの半分しかもらっていない。ノルマを達成できず、死にたい状態が続く。都会で働き、高級なお店でランチをし、各国を出張で飛び回り、働いたご褒美として自分を贅沢させてあげられる友人達を見ると、私はなんで毎日「死にたい」と思っているんだろうと憂鬱になる。

 

受験ってなんだったんだろう。我慢なんてせずに、もっと、自分を楽しませてあげればよかった。試験以外にも自分の好きなことや自分を表現できることを見つければよかった。そうしたら、生きるのって楽しかったのかな。

アイデンティティではなかった

落ち込んでいることに安心しているし

死にたいと思っている自分に安心しているし

人生を諦めている自分に安心している

ネガティブであることが私のアイデンティティ

ただ、これは「甘え」というものなんだと分かるくらいには大人になった

私は仕事が出来ないし、他人ともうまく関われないダメ人間だ

それを正当化するために私はずっとネガティブな考えばかりだったんだ

「今私は落ち込んでいるんだから、こんなことできない、勘弁してくれ。」

「私は仕事が出来ないけれど、その代償で『死にたい』とまで思っているんだから別にいいだろ。」

「私は他人とうまく付き合えないんだけど、それで自分が落ち込んでるだけで、他人には迷惑かけてないんだからいいだろ。」

甘え、だ。ただの甘え。

仕事を頑張ることもなければ、他人に積極的に話しかけて仲良くなることもしなかった。

それらが苦手であることを理由にして目を背け、辛い思いを自ら作り出して、勝手に傷を抱え、自分でその傷を舐めながら自分を可愛がっている

それが私だ

これを認識したときからもう逃げられなくなった

どうしよう、どうしよう、どうしよう

何者かになりたい

三連休だ

社会人に与えられたオアシスの日

それなのに気分が冴えない

原因は分かっている

台風の気圧の影響と

期末なのに営業成績を上げられていなくて職場のお荷物状態の私

連休後に職場に行くのが憂鬱だからだ

それでも何かしなければと近郊の観光スポットに行って一眼レフを構えてきた

カメラを趣味にしてみてからまだ日が浅い私

撮った写真は、おじいちゃんの慰安旅行に連れて行かれたデジカメに収まっているような安っぽいものばかりで

ほとほと嫌気がさした

さらにその目的地に行くまでの道は悲しくなるだけだった

職場の先輩に紹介された男の子と一回だけドライブに行った時に通った道だ

その人は明るくて、気遣い上手で、家族と仲が良くて、生活を楽しんでいて、ドライブ中に大きな声で歌う愉快な人だった

一日一緒に過ごしただけなのに好きになった

この人とこの先も一緒に過ごせたらどんなに楽しいだろうかと思った

最後、ドライブが終わってお別れの時

相手が「また」という言葉を言ってくれなくて、私ともう会う気がないのを知った

私も私で相変わらず「また」という言葉が言えなかった

それでも私はこのときの自分のことを誇りに思う

「また」なんて言葉を発しなくてよかった

これ以上醜い女にならなくてありがとう

 

車から流れるクリープハイプの掠れた声を聞きながら

中古の軽自動車を運転している私を可哀想だと思った

私は本当に毎日可哀想だ

私は他人、特に異性から好意を向けられたことが一度もない

だから、自分の幸せは自分で作ってあげなければいけないと思っている

ドライブしながら芸人のラジオを聴いて笑い

youtubetwitterで他人に触れ

写真を撮り趣味を持っているようなフリをして

旅行に出かけて黄昏てみる

そうやって幸せであるフリをしなければ私は本当に可哀想な人間になってしまう

でも、いつまで一人で自分の幸せを工面しなければいけないんだろう

 

 

私には覚悟がない

他人に受け入れてもらう覚悟がなければ、自分で生きて行く覚悟もない

早く、早く、早く

人生なんて弱火で燻っとけばいいよ

大学を卒業して新卒で働き始めてから1年半経った

学生時代に住んでいた横浜は、雪に支配された田舎から出てきた身としては最高の環境だったし、厳しい親の目も離れて遊びまくった

趣味がなくで自分からは動こうとしない私を遊びに連れ出してくれる友達にも恵まれた夢のような大学生活を過ごした身にとって、初めての社会人というものはそれはそれは大変だった

四六時中「辛い」「辛い」「辛い」と頭の中は苦しさが支配していたし

暇さえあれば死にたいという思いが浮かんできて気持ちを押し殺すことが大変だった

疲弊した疲れた心底疲れた

家族に恵まれて、いい大学を出させてもらって、会うだけで幸せになれる友達が出来て私の人生は順風満帆だったはずなのになんでこんな苦しい思いをしているんだろう

それが私の直近1年半だった

けれど人間っていうのはそんなに長く悩めない

数え切れないほどの「辛い」「苦しい」「死にたい」を繰り返した私は

最近吹っ切れた

「死にたい」と思えば、「あ、私は今死にたいんだな」と死にたい気持ちを単なる事象で受け止められるようになった

死にたいからって死ぬ必要もないし、死にたいという気持ちを無理に拭う必要もない

人間は幸せになる必要もない

別に幸せでなくたって人生60年くらい生きていける

 

幸せにならなくてもいいよ

この先60年間、また「辛い」「苦しい」「死にたい」を繰り返すんだと思うんだけど、それもいつか必ず終わる

運が良ければ60年を待たずに30年、10年、5年、明日にでもそれは来るかもしれない

頑張れ私

生きているだけでいいよ

遠距離友人Mちゃん

facebookの通知が教えてくれたのだが、大学時代の友達が誕生日を迎えた

大学卒業後すっかり会話が少なくなったラインを起動させて「おめでとう」と送る

申し訳程度に「元気?」と相手の状況を伺う言葉を付け加えて

 

友人である彼女はとても聡明で上品だ

いつも背中がピンと伸びていて、部屋は常に清潔にされ塵一つない

私がfacebookの通知でしか友人達の誕生日を思い出さないことに反して、彼女は毎年0時きっかりにおめでとうメールをくれる

猫背で、飲みかけのペットボトルで溢れる部屋に住む私とは正反対のとても出来た子だ

ときにより、性格や見た目が正反対の人とは思いがけなく良い友人になれるということを彼女との関係で知った

 

彼女とは私とは正反対で、愚痴や辛いことを絶対に人に言わない

そして辛い出来事が過ぎてずっと経ってから「この時辛くて毎日泣いててさ」なんて話を笑いながらする

私は鈍感で彼女の辛い状況に全く気付かなかったし、彼女も彼女で私の慰めなど必要とはしていなかっただろう

だから、彼女のネガティブな部分を共有してあげることはなかった

 

そんな彼女のことだから、私の「元気?」に対する答えは鼻から分かっていた

「元気だよ!!」の文字を見て、相変わらずの彼女に安心する

彼女が元気であるかどうかは本人しか知らない

私はこの先も、彼女の力になれることもなければ慰める機会もないんだろう

 

ただ、私と過ごす時は、人生の辛さは見て見ぬふりをして、いつもみたいに思い切り笑って楽しんでもらえますように

辛さや大変さを分かってあげられなくても、今までみたいに全力で人生ゲームをしたりUNOをすることもできるし、大好きな韓流俳優のかっこよさを何時間も議論することはできるよ

彼女にとって、辛い時はぶっちゃんと過ごそうかな、と選択肢の一つに入れてもらえるような存在でいれますように

 

誕生日おめでとう

あなたが幸せでありますように

友達依存症候群

私は友達に依存している

自分自身の唯一好きなところは、大好きな友人を持っているところだし

少ない給料のなかから多額の交通費を捻出してどこまでも友達に会いに行っちゃうし

友達と一緒にいる時が唯一、自分が自分であるような感覚がするし

私の生きがいは友達だけだと大きな声で宣言できる

友達への想いが強すぎて、私の友人達には私の生き霊がついていると思う

 

こんな症状に反して、私には友達が少ない

特に今生活している地元には友達がいないのでなんとも苦しい思いをしている

毎日毎日友達に会いたくて仕方ない

辛い時は友達と話す妄想をすることで精神を保っているほどだ

しかしそんな時でも絶対に友達にラインしたり電話したりはしない

友達に依存していると思われるのが嫌だ

そして彼らの日常の邪魔をしたくない

友人には友人らの日常がある

私の日常はほとんど友人で埋め尽くされている

しかしそれは私の場合であって、彼らにはそれぞれ家族がいて、恋人がいて、先輩や後輩がいて、他の友人がいる

 

だから友達に頼らず人生を過ごせるよう、一人に慣れようとする

一人でこうやってブログを書き、一人旅をし、一人で映画を観て泣き、笑い、一人で勝手気ままに生きていく訓練をしてしまう

そうするうちにまた友達が遠ざかってさらに友達が少なくなり、残った友達への依存を深めていく

 

 

ブログ村世界一周準備カテに入ろうと書き始めたのに重すぎる内容になってしまうやつ

私の目標は世界放浪をすることだ

東南アジアのモワッとした空気に包まれながら香辛料の強いスープを飲む

うざいバイタクのおじさんを華麗にかわし気ままに歩き、気になったカフェで好きな本を読む

ヨーロッパの美しい建造物を見ながらチーズと生ハムとワインで乾杯する

アフリカの地球とは別の惑星に来てしまったような景色の中で像やライオンを探す

陽気な声が聞こえる南米で人々のダンスを見る

こんな夢のようなことが味わえたなら、私の人生も少しは素敵になるんじゃないか

最近は疲れてしまって生きている気力がない

周りに友達がいなくてパワーをもらえないし

自分をうまく表現できなくて辛いし

仕事は失敗ばかりで辛いし

相変わらず彼氏はできない

誰もが抱える悩みのはずなのにこれしきのことで死への願望が膨らんでくる

最近の私の叶えたい夢は「今日死ぬこと」だ

それでも自殺しないのは、家族に愛情を注がれながら育ち、大好きな友達が同じ空の下にいるという安心感からかもしれない

とにかく、私は死にたくてしょうがないけど、自殺するような人間じゃないから、それだけは事実だから、なんとかして生きていく工夫をしなければならない

それが私にとっては「世界放浪」だ

仕事に疲れて心底自分が嫌になった時、その解消法を私は知っている

旅に出ること

私にとって毎日は非日常で、旅に出ている時だけが日常のような気がした

旅している時は「死にたい」なんて思いつくことがなかったし、楽しそうにしている自分が愛しかった

これから毎日の非日常を生き抜くためには、旅という日常に戻れることを目標とするしかない

こんな辛い毎日を頑張ることはできないけれど、それでも、ただ、世界放浪という目標は、こんな生きづらい世の中を生きるための理由くらいにはなるだろう

誰にも迷惑かけないし、自分の心さえあれば叶うことだからね

目標額の6分の1が貯まりました

果てしないけど大丈夫

生きるためだからね